会社が知っておくべき初めての外国人採用③

2019年05月15日

初めて外国人を採用する会社は、「安い労働力」として外国人をとらえることがあります。


実際にあった、ある社長さんとの会話をご紹介しましょう。

私:給料が月額17万円というのは、安すぎませんか?

社長:なんでや?

私:高校卒の新入社員ではないですよね。大学卒ですよ。

社長:いくらならいいの?

私:御社が大卒で採用した新入社員と同じくらいでないと。

社長:そんなに払うなら、わざわざ外国人を雇う意味がないだろう。

   それだけ払うなら、日本人を雇うよ!


このやり取りの後、社長が苦笑いをしたことは、想像に難くないでしょう。

この社長さんは、日本人の採用がうまくいかないから、外国人を初めて採用しようと考えていたからです。


外国人との雇用契約において、給与その他の条件は、日本人と同等以上にしなければなりません。初めて外国人を採用する会社では、この点をしっかりと理解しておきましょう。

日本人の待遇「以上」ですから、「同じ」でよいのです。下回る待遇はダメです。


それでも、「どんな給料を払おうと契約自由の日本なのだから、関係ないだろう」と異論を唱える方もいるかもしれません。


しかし外国人の場合には、そう簡単な話ではないのです。


確かに、給料をいくら払うかは自由かもしれません(最賃以上ならば、という前提)。

ところが外国人の場合には相応の待遇でないと、「御社で働くためのビザ(在留資格)」が下りないのです。雇用契約書もしっかりと、出入国在留管理局(通称、「入管」)がチェックします。


もう一度確認しておきましょう。


外国人の待遇は、日本人と同等以上でなければ、「御社で働くためのビザ(在留資格)」は下りません。


初めての外国人を雇用する会社・企業・法人様のために、初歩の基本情報からお伝えいたします。

弊事務所では、外国人を初めて雇用する会社・企業・法人様のために、外国人雇用アドバイザーを務めております。

外国人雇用に少しでも興味をお持ちの場合には、外国人の就労ビザ(在留資格)取得に多く関わってきた専門家の研修を受講されることをお勧めします。顧問として、継続的にバックアップさせていただくことも可能です。



その他の外国人雇用に関するブログは、以下のボタンからどうぞ。